請求のタイミング

| 未分類 |

遺留分減殺請求というものは、自分が法的に受け取ることの出来る遺産が、遺言によって減ってしまうことに対して行う申し立てのことを指します。本来であればもらうことの出来るはずの遺産が、遺言によって他の人にも分けられることで金額的に減ってしまうときに、その分を取戻すために行う手立てということになります。しかし気をつけなければならないのは、その権利には時効があるということです。自分のもらえる遺産が誰かに分けられて減るということを知ってから、一年を過ぎてしまうと遺留分減殺請求をすることが出来なくなってしまうのです。

木目02

 

また、万が一自分の遺留分を誰かに侵害されているこという事実を知らなかったというような場合や、遺産を遺す当人が亡くなったこということ自体を知らなかった場合でも、亡くなった日から十年が経ってしまうと遺留分の権利がなくなってしまいます。たいていの場合には、 自分の遺留分が侵害されていることを知るというタイミングは遺言を見つけた時です。しかし、いつ遺言の存在を知ったかという事を証明するのはなかなかデリケートな問題で、これは新たなトラブルを生むことになりがちな問題です。しかしながら、命日から一年以内のタイミングで請求しておけば、時効切れという問題は絶対に起こりませんので安心です。