内容証明郵便などで後日の証拠を残そう

| 未分類 |

内容証明郵便というものは、郵便局を利用して行うサービスです。普通郵便の場合には、郵便を送ったと相手方に言っても、そのようなものは受けとっていないと言われてしまえば元も子もないということになってしまいます。

水04

しかし、配達証明付内容証明郵便の場合には、いつ、誰が、誰に、どのような内容の手紙を送ったかということを公的に証明するものなので、遺留分減殺請求をするような場合にも、とても有効な方法とされています。遺産という問題はやはりお金に関わるものなので、普段は仲良しだった兄弟なども急に態度を変えてしまい、なかなか冷静に話し合いをするということが出来なくなってしまうようなことさえあります。いくら電話をしても無視をされたり、何度も手紙を送っても受け取っていないと言われてしまったりするような事になってしまった時には、内容証明郵便を送ると急に驚いてしまい、裁判などになる前に何とか解決したいと思わせるというような効力も持っています。

 

ですから、弁護士さんなどに相談をして何かと費用が掛かったり、大げさなことになってしまう前に、是非1度自分たちで内容証明郵便を送ってみるということを試してみる価値はあるのではないでしょうか。