直系尊属のみが相続人であるとき以外

| 未分類 |

亡くなった人の財産の相続については法律で定められています。しかし、被相続人が遺言を残していた場合は法定相続に優先して相続がなされることになります。遺言は亡くなった人の遺志でありますから最大限尊重しなくてはなりません。ですが、ときにあまりに財産の配分に偏りのある遺言の場合もあるかもしれません。遺言の内容によっては、残された家族の生活が困難に陥ってしまうこともあるでしょう。そういったときに困ることがないよう、法的に最低限相続することができる分が保障されています。これを遺留分と呼びます。

水01
遺留分は被相続人の兄弟姉妹にはありません。被相続人の法定相続人が直系尊属のみである場合、遺留分は被相続人の財産の3分の1、それ以外の場合では被相続人の財産の2分の1が遺留分となります。遺留分は自動的にもらえるものではなく、遺留分を侵害している人に請求することでもらうことができます。時効がありますので放置しないようにしましょう。

 
ところで、被相続人の財産の2分の1とは具体的にはどういうことでしょうか。たとえば被相続人に配偶者と子ども2人がいる場合、配偶者は遺留分2分の1×法定相続分2分の1で全財産の4分の1の分配、子どもはそれぞれ遺留分2分の1×法定相続分4分の1で全財産の8分の1をそれぞれ分配することになります。