遺留分減殺請求の方法と流れ

| 未分類 |

親が他界してしまうということは、子供にとって大きな悲しみになるものですが、それだけではなく遺産分割の問題ということが発生してくると新たに精神的に疲れることもあります。それはどのようなことかというと、遺産というのは法律で定められた法定相続人には遺留分というものが認められていますが、遺言の中に他の人に多額の遺産を与えるなどと書かれている場合には、自分がもらえるはずの遺産が減ってしまうということにもなります。そのような場合には遺留分減殺請求という手続きを取る事が出来ます。これは色々な方法がありますが、あまり複雑にしたくない場合には直接話し合いをすることがベストです。

水02

 

しかしながら、多額のお金に関わるような場合には、なかなか相手も穏やかに話し合いをしてくれるないこともあります。そこで裁判になる場合などもありますが、その前に1度遺留分減殺請求書を送ってみると良いでしょう。その場合には内容証明郵便で送ると間違いありません。そこで話し合いが出来れば、合意書などを共に作って書面にして残しておくことで、後々になって言ったとか聞いてないというような泥沼化した争いに発展するような事態を避けることが出来るので安心です。