直系尊属のみが相続人の場合

| 未分類 |

ある人が亡くなった場合、その人の財産について相続が発生します。誰がどれだけ相続するかについては法律で定められており、通常はその定めに従って相続がなされます。しかし、被相続人が遺言を残していた場合は、法で定められた相続に優先して、その遺言のとおりに相続がなされることになります。遺言は亡くなった人の遺志なので、最大限尊重するべきではありますが、例えば家族とは全く関係のない人に財産の全てを与えるという内容の遺言の場合、残された家族が生活に困るケースも出てくるでしょう。そういったことを防ぐために、法定相続人が最低限相続することができる分が保障されていて、これを遺留分といいます。

Šî–{ RGB

 
遺留分は被相続人の兄弟姉妹には適用されないため、法定相続人が兄弟しかいないケースでは、遺言の内容が100%適用されます。それでは被相続人に配偶者も子もなく、親が存命の場合はどうでしょう。この場合は被相続人の財産の3分の1が遺留分として親に渡ります。両親ともに健在の場合、被相続人の財産の3分の1×2分の1で6分の1ずつが父と母にそれぞれ渡ることになります。それ以外のケースでは被相続人の財産の2分の1が遺留分となるため、子がなく、配偶者と両親がいる場合は配偶者に3分の1、両親はそれぞれ12分の1ずつとなります。